ものを入れて保存するための袋はいくつもあり、商品化されているもののほうが多いでしょう。スーパーやコンビニなどでもらうビニール袋は、基本的には買ったものを持ち運ぶ用途で使ったら使い捨てになるのが普通です。しかし、これらはスーパーなどではわざわざ買わせるようになったので、できるだけ保管しておき、上手に使うのが賢いやり方でしょう。ビニール袋の使い方で常道とされるのはゴミ袋としての使い方ですが、これは地域によっては指定の袋に入れることが義務付けられていることもあり、まとめる役目しか持ちません。他の用途としては漬物を作ったり、フライを作る時に利用したり、手袋代わりにして洗濯をする時に利用するなど、アレンジの幅は広いです。その伸縮性を利用してちょっと大きめのものを包む用途にも使えるのは、画期的な利用法といえるでしょう。

ビニール袋で簡易の掃除用の袋にする

トイレ掃除をする時、強い洗剤を使うことがあります。このようなとき、直接手で洗剤が触れるとあまり良くありません。ですから、何らかの対処をする必要があります。よく行うのはゴム手袋をはめることです。これをすることで、ゴム手袋に付いたとしても手などには付けずに済ませることができます。何度も使える利点もあります。何度も使えるのは便利なのですが、使うたびに洗わないといけません。洗って干す必要もあります。面倒であったり、その場所がないことがあります。その時簡易的に使う方法としてビニール袋を利用することがあります。薄いものですから、手作業などには影響を与えません。少々の液体であれば、しみだすこともありません。ただし、破けやすいので、利用に関しては注意が必要です。あくまでも1回のみの使用で、そのあとは捨てることが多いです。

ビニール袋で料理の下ごしらえを行う

唐揚げを作るとき、鶏肉の下ごしらえが必要になります。タレにつけたり、香辛料などで味付けをしたりします。少し寝かしたあとに片栗粉などをまぶして揚げていくことになります。この過程において、いろいろな容器を使うことになります。場所をとることになりますし、使い終わったあとに洗わなくてはいけません。揉み込む時に手についたりします。洗えば良いと言えるかもしれませんが、環境のことを考えるとできれば流さないようにしたいです。てもスッキリしたままで作業をしたいです。この時に使えるのがビニール袋と言われています。こちらに材料を入れても見込んでいけばよいのです。寝かせるのもそのまま行えばよいです。片栗粉をまぶすときも、寝かしたあとの状態のものに入れてまぶせば出来上上がります。すべて取り出したあとは、そのまま捨てることができます。

幼稚園受験をお考えなら伸芽会へ! 希望の幼稚園の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望園選びには客観的なアドバイスも重要です。 また、ご家庭には多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 伸芽会が早期からの教育で、お子様の能力を引き出すお手伝いをします。